野口英世の不滅の精神

野口英世は1歳半の時に囲炉裏に落ち、左手に大やけどを負います。左手の指は癒着し、物を持つことができなくなってしまいました。そんな英世の左手を見た子供からからかわれることも多く、悔しい思いをしたそうです。 その思いをバネに英世は必死で勉強をします。しかし英世の家は貧しく、勉強のため ‥‥

野口英世の母

野口英世にとって母・シカは、とても大きな存在でした。英世は一歳半のときに囲炉裏に落ち、左手に大やけどを負い指が癒着してしまいます。シカは、自分の不注意でやけどをさせてしまったと悔やみ続けます。 そして人の何倍も働き、英世に勉強をさせました。シカは英世に、学問を頑張るように優しく諭 ‥‥

野口英世の妻

野口英世は、ニューヨークで知り合ったアメリカ人女性のメリー・ダージスと1911年(明治44年)に結婚しました。メリーは炭鉱で働く父・アンドルーと母・フランセスの長女としてアメリカ・ペンシルベニア州に生まれました。メリーはハイスクール卒業後、英世と結婚する10年も前からニューヨーク ‥‥

野口英世の生家

日本人のみならず、世界中で有名な細菌学者野口英世は、北に磐梯山、南に猪苗代湖を望む福島県耶麻郡翁島村(現在の猪苗代町)に生まれました。 英世が医師を目指し上京するまで19年間住んでいた生家は、現在野口英世記念館の一部として現存します。(観覧料金大人500円)茅葺き屋根の平屋建ての ‥‥

野口英世の少年期について

野口英世といえば、日本人ならば誰もが知っている細菌学者です。伝染病研究所を経て渡米し、ペンシルベニア大学医学部で助手をし、その後ロックフェラー医学研究所の研究員となります。数々の論文を発表し、ノーベル賞にも三度候補になっているという、世界中に大きな影響を与えた偉大な人物です。 そ ‥‥